IHP処理はチタンなど難加工材の切削やプレス加工を可能にする表面処理です

IHPと刃具の効果について

切削工具と表面処理について

切削工具の表面処理といえば、金色の窒化チタンコーティングが有名だと思います。
窒化チタンコーティングは600℃程度までの高温耐久性と量産性に優れているため急速に広まりました。

 

切削工具の表面処理の目的としては
・加工速度の改善
・工具の耐久性の向上
が主な目的になると思います。
IHP処理も同様な効果がありますが、さらに

 

・チップブレーカーの抵抗の減少効果
・加工熱の減少効果
が得られるため、難加工材の加工や、切削の安定性に効果が。あります。

 

IHP処理は超硬工具にも効果があります。
ぜひお試しください

IHP処理のコストと納期

工具は消耗品のため、安価な処理費用と短納期での対応が求められます。
例えばドリルを処理した場合、サイズによりますが数百円/本なので送料のほうが高い場合もあります。
ぜひ本数をまとめて処理をさせて頂ければと思います。

 

窒化チタンコーティングもIHP処理もそれぞれに長所短所ありますので、目的に応じて選択することをお勧めします。

トップへ戻る