ちょうどいいキカイ │ 伸線機の製造販売

伸線装置の製造

si01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弊社は材料メーカーの強みとノウハウを活かした伸線装置を設計したします。
実際に自社の設備で試験製造してスペックを決定していきます。それによりオーバースペックや能力不足といったことだけではなく、加工後の表面状態や形状、機械特性などの仕上がり状態を事前に確認することができます。

 

また新製品の初期段階で生産数量が少ないうちは弊社で委託生産を行い、数量の増加を確認してから設備を製造するような要望にもお答えすることができます。


伸線装置製造のポイント

材料メーカーだから安心スペック

弊社は材料メーカーなので実際に金属材料の製造をしています。だから機械のソフト面のノウハウを持っている強みがあります。その経験から実践的なスペックで伸線装置を設計します。

 

生産ラインの対応いたします

弊社では数台の装置を一括して制御する生産ラインの設計に対応します。焼鈍装置など複数の機械の制御が可能です。

 

他社製の伸線装置の修理に対応します

伸線装置は長寿命な機械で30年程度なら、まだまだ現役ですがモーターと制御部の交換部品がメーカーから欠品になってしまいます。弊社では現行型の部品に変更することで修理が可能です。

 

実験用の小型伸線装置の製造ができます

実験に使用する小型の伸線装置の設計や製造できます。100Vで駆動する卓上型の伸線装置は研究機関に定評があります。

 

弊社保有設備で試作や生産ができます

弊社にはφ50mm〜φ0.5mmまで生産できる設備を保有しています。それらで試作などの製造ができます。設備投資前の初期段階などでご利用ください。

小型伸線装置

小型伸線装置

 

1.10kg以内のコイルを加工するのに最適です。
2.卓上型など超少量での加工が可能な伸線機もあります。
3.多溝ロール伸線装置なら、1本のロールで広範囲の寸法に対応できます。
4.ローラー式伸線機は高硬度材料やカジリやすい材料の伸線に最適です。
5.CRD伸線層とは、異形断面の材料を引抜で製造できます。
6.皮むき装置の製造実績があります。
7.多段式コンバインドロールは高効率に伸線加工ができます。


多段式コンバインドロール

コンバインドロール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.コンバインドロールは高効率に伸線加工ができます。
2.コンバインドロールは八角形の断面で伸線し、仕上げで真円に加工します。
3.ロールが駆動するため切断しやすい材料の伸線が可能です。
4.ローラー式なので高硬度材料やカジリやすい材料の伸線が可能です。
5.ローラーが駆動するためロスが少なく、材料歩留まりに優れます。


異形断面材料用カセットローラーダイス

カセットローラーダイス

 

1.CRDとはカセットローラーダイスの略称です。
2.多段式にローラーを組み合わせることで様々な断面形状の材料を製造できます。
3.ロールが駆動するため切断しやすい材料の加工が可能です。
4.ローラー式なので高硬度材料やカジリやすい材料の加工が可能です。
5.駆動しない引抜加工ですが、ローラー抵抗が少ない為効率よく加工できます。
6.ローラー式なので表面が美麗なのが特徴です。


よくある質問

Q.機械は自社で製造するのですか?

 

A.2010年より経営革新計画の認定を受けて、企業連形による「ものづくり」を推進しています。「ちょうどいいキカイ」も町工場が中心となって機械を製造するプロジェクトです。それによりものづくり企業の活性化のお手伝いができれば幸いです。

 

Q.出張経費について
A.首都圏外の場合ですが、発注前の打ち合わせの出張は交通費の実費を請求させていただきます、しかし注文時になった場合にはご返却いたします。お互いなるべく費用をかけないように出張は最小限になるよう努力いたします。

 

Q.修理対応について
A.基本的に出張修理ではなくて、機械を工場に引き取っての修理となります。運送料はかかりますが、出張経費に比べれば結果としてコストがかからない方法だと考えます。大型の機械の場合は別途対応いたします。

 

Q.修理の引取手配はできますか?
A.横引きのできる運送及び2次配線の取り外しができる電気技師を手配することが可能です。

 

Q.試作用の伸線設備はどのような機種がありますか?
A.最大径φ12からφ0.5mmまでの製造が可能な装置を設備しています。

お問合せ

岡

 

 

 

 

 

株式会社日本クロス圧延
千葉県茂原市茂原697
TEL:0475-22-4151
FAX:0475-25-2338
oka@atuen.com

 

担当:岡まで