スエージングマシンの製造販売

スエージングマシンの製造

スエージングマシン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スエージングマシンとは、回転式鍛造機で丸棒やパイプをカシメたり伸ばしたりすることができます。鋳造したビレットを棒にしたり注射針のような先端を作ることができます。
弊社は材料メーカーの強みとノウハウを活かしたスエージングマシンを設計したします。
実際に自社の設備で試験製造してスペックを決定していきます。それによりオーバースペックや能力不足といったことだけではなく、加工後の表面状態や形状、機械特性などの仕上がり状態を事前に確認することができます。

 

また新製品の初期段階で生産数量が少ないうちは弊社で委託生産を行い、数量の増加を確認してから設備を製造するような要望にもお答えすることができます。


スエージングマシン製造のポイント

材料メーカーだから安心スペック

弊社は材料メーカーなので実際に金属材料を加工しています。その経験から実践的で使いやすいスエージングマシンを設計します。

 

自動機の対応いたします

弊社では材料をフィーダーから取り出し、送入機で挿入→加工→払い出しと自動化の設計が可能です。

 

他社製のスエージングマシンの修理に対応します

スエージングマシンはシンプルゆえ長寿命な機械で30年程度なら、まだまだ現役ですが外周ローラーとハンマー(バッカー)は消耗部品なので、定期交換が必要です。

 

実験用の小型スエージングマシンの製造ができます

実験に使用する小型のスエージングマシンの設計や製造できます。100Vで駆動する卓上型のスエージングマシンは伸線用の材料の先付や研究機関に定評があります。

 

弊社保有設備で試作や生産ができます

弊社には直径φ50mm〜φ0.5mmまで生産できる設備を保有しています。それらで試作などの製造ができます。設備投資前の初期段階などでご利用ください。

スエージング加工によるテーパー加工

スエージングサンプル

様々な形状の材料を絞り加工できます。
ワイヤーをカシメたりテーパーパイプなどを製造することができます。


スエージング加工によるカシメ加工

スエージングサンプル

 

スエージングマシンではワイヤーや鋼材に「カシメ」をすることが可能です。
救助用吊り下げワイヤーにも採用されているくらい信頼度が高いのがポイントです。


スエージング加工による伸線

スエージングサンプル

 

スエージング加工にて伸線ができます、一般的な伸線機はφ12mm以下からしか加工できないので、φ12mmまではスエージングマシンで加工を行い、それ以下は伸線装置で加工をすることで太い材料からでも伸線加工が可能となります。


実験用小型スエージングマシン

卓上スエージング

 

実験用の卓上スエージングマシンのラインナップがあります。
材料の先付やカシメなど様々な用途に利用いただけます。

 

最近では編み込みの金属ワイヤーをスエージングで軽く鍛造し網目をつぶす事で、伸びの少ない高強度なワイヤーを製造するケースも多いとのことです。


よくある質問

Q.機械は自社で製造するのですか?
A.2010年より経営革新計画の認定を受けて、企業連形による「ものづくり」を推進しています。「ちょうどいいキカイ」も町工場が中心となって機械を製造するプロジェクトです。それによりものづくり企業の活性化のお手伝いができれば幸いです。

 

Q.出張経費について
A.首都圏外の場合ですが、発注前の打ち合わせの出張は交通費の実費を請求させていただきます、しかし注文時になった場合にはご返却いたします。お互いなるべく費用をかけないように出張は最小限になるよう努力いたします。

 

Q.修理対応について
A.基本的に出張修理ではなくて、機械を工場に引き取っての修理となります。運送料はかかりますが、出張経費に比べれば結果としてコストがかからない方法だと考えます。大型の機械の場合は別途対応いたします。

 

Q.修理の引取手配はできますか?
A.横引きのできる運送及び2次配線の取り外しができる電気技師を手配することが可能です。

 

Q.試作用の設備はどのような機種がありますか?
A.最大径φ50からφ0.5mmまでの製造が可能な装置を設備しています。

お問合せ

岡

 

 

 

 

 

株式会社日本クロス圧延
千葉県茂原市茂原697
TEL:0475-22-4151
FAX:0475-25-2338
oka@atuen.com

 

担当:岡まで