塑性加工装置の設計製造 │ 圧延機 伸線機 レベラー コイラー

新着情報 Cutes社産業用AC DCモーターの取り扱いを開始

産業用直流モーター

Cutesの産業用モーターは低コストで品質に優れます。多くの国産モーターが海外生産やOEMに移行する現在、Cutes社は40年以上の完全自社生産です、国内では調達ができなくなった直流モーターを置き換え用途に対応できるよう、他社互換でカスタム生産にも対応できます。
またMAX2200KWまでDCモーター、MAX1100kwまでのACモーターも生産できるオンリーワン企業です。
モーターは日本電機工業会規格 JEMに基づき製造され、直流モーターは圧延機、プレス機、プッシャー装置、上下水道用ポンプなどに適合します。
コストと品質に優れたCutesモーターの採用を是非ご検討ください!
産業用直流モーターのご案内ページ


ちょうどいい装置をプロデュース

 マシンデザイン&セールス部門では、弊社が実際に「ものづくり」をしているメーカーだからこそ、生産者の目線で装置の仕様及び設計します。

 

 マシニングセンタ、NC旋盤などの一般的な工作装置なら、カタログでスペックを確認し加工内容に適合するモデルをメーカーへ発注すれば目的を達成できます。
しかし我々が製造する塑性加工装置は、量産機ではなく、ユーザーの目的からスペックや仕様をゼロから設計するカスタム装置です。

 

 製造する装置は金属の素材を製造する設備で、圧延装置、伸線装置、鍛造装置(スエージング)がメインとなり、それに関連する装置として、挿入装置、巻取装置、スリッター、シャーリング、熱処理設備を製造します。

 

 塑性加工機は装置を発注する段階で、コストやスペックが適切かどうか判断するのが難しいと思います。だから我々は実際に素材の生産を行っているノウハウをいかして、最適なスペックの装置をプロデュースするため事業計画を策定し、経営革新計画認証を受け、スペック、コスト、大きさも「ちょうどいい」機械をプロデュースするブランド「ちょうどいいキカイ」を立ち上げました。

 

 ちょうどいいキカイでは発注側に専門的な知識がなくても、落書きのようなスケッチをしながら、スペックやデザインを決定していきます。
近年ではカスタムメイドの装置を製造できるメーカーが少なくなりました。しかしそういうメーカーこそ日本のものづくりにとって大切なことだと考えています。

 

弊社は「ちょうどいいキカイ」で日本のものづくりのお役に立てればと考えます。

ちょうどいいポイント

コミニュケーション

お客先への出張打合せは最小限にしています。しかしTEAMS、ZOOMなどのツールを積極的に利用し短い打合を繰り返し効率的に装置の仕様を決定します。

 

装置の改良について

巻取装置や挿入装置など、エンコーダーやリミットスイッチで制御していた機械を、サーボモーター+ドライバーによるデジタル制御に改良できます。
トルク制御、位置決め、回転数制御、カウンターストップなどの制御が可能となり生産性が向上します。

 

他社製装置の修理対応について

他社製の装置の修理のお問い合わせが増えています。基本的に対応できますが出張修理の対応は不可能です。
費用はかかりますが千葉県茂原市の弊社工場へ輸送し故障原因の解明と修理プランの策定をします。

 

年代物の装置の修理について

30、40年前の装置の修理に対応します。モーター及び制御装置は絶版になっているため、制御盤は新規に製作する必要があります。
直流モーターは台湾Cutes社の互換モーターに変更することが可能です。

 

治具、部品の製造について

装置だけでなく治具や部品の製造にも対応します。アングルの溶接フレーム、溶接の製缶物、プーリーのキー溝加工、ロール製品など、なんなりとご問い合わせください。
外注工場のように、気軽にご利用いただければと思います。

よくある質問

Q.挿入装置はどのような実績がありますか?
A.圧延機用ワーク挿入装置、スエージングマシン用挿入装置、シャーリング用(シート、板)挿入装置など

 

Q.巻き取り装置はどのような実績がありますか?
A.張力巻取装置(最大10TON)、高速型張力巻取装置(MAX100m/min)、汎用のサーボモーターによる速度制御巻取装置

 

Q.スリッターについて
A.汎用スリットマシンを製造及びスリッターヘッドのオーバーホールができます。またデモ機による試作実験ができます。

 

Q.シャーリングマシンについて
A.厚み30ミクロンまでの精密シャーリング 幅600mmまでの自動シャーリング及びオーバーホールの実績があります。デモ機で実験ができます。

 

Q.塑性加工機械について
A.圧延機 スエージングマシン 伸線装置の製造を承ります。デモ機による試作実験ができます。

 

Q.自社で製造するのですか?
A.2010年より経営革新計画の認定を受けて、企業連形による「ものづくり」を推進しています。本装置は弊社系列会社にて組立をします。

 

Q.修理について
A.基本的に出張修理ではなくて、機械を工場に引き取っての修理となります。運送料はかかりますが、出張経費に比べれば結果としてコストがかからない方法だと考えます。大型の機械の場合は別途対応いたします。

 

Q.出張経費について
A.関東外の場合、発注前の打ち合わせの出張は交通費の実費を請求させていただきます、しかし注文時になった場合にはご返却いたします。お互いなるべく費用をかけないように出張は最小限になるよう努力いたします。

お問い合わせ

岡

株式会社日本クロス圧延
千葉県茂原市茂原697
TEL:0475-22-4151
FAX:0475-25-2338
oka@atuen.com

 

担当:岡まで


更新履歴
トップへ戻る