新素材と製造技術の融合で高機能化を提案する企業連携 │ MM-Lab.

新着情報

MM-Labが高度連携補助金に採択されました。
今後もサービスを一層充実させるよう邁進します!

MM-Labについて

mm-lab.

MM-Labは「新素材と製造技術の融合で高性能化を提案」が目的です。
よって我々が提案するものは「革新的な発明」ではなく、新素材と生産技術の融合による「性能の向上」です。
ゼロベースで新製品を開発するのではなく、従来の素材から「新素材、機能材」に変更することで、性能が向上し高付加価値のものづくりをご提案します。

 

我々の取り組みは主に4分野に分類されます。
1.環境対応 2.高機能化 3.高性能化 4.電気エネルギー

 

これらの分野で注目されている新素材や機能性材料に試作から対応できるよう体制づくりを進めています。


高機能性金属材料による高機能化とは

複数の機能を持つ金属材料を高機能性金属材料とか機能材といいます。

 

例えば複数の機能とは
純銅に対してベリリウム銅は、低電気抵抗+高強度+バネ性の特性を持ち、コネクターの接点や端子に使用すれば細くても確実に導電することができます。その結果コネクターは20年前の1/100のサイズになり、転送速度は数万倍にまで向上しました。

 

このように機能材を使用することで性能を大幅に向上することができます。
導電性、耐熱、比強度、バネ性、腐蝕、防生物付着性、高磁束密度、防磁、超弾性材、制震材など、様々な機能を有する機能材が開発されています。

環境対応について

様々な環境下でも機器の性能の低下を防ぎ、長時間の運用に耐えうるよう素材から提案をします。

 

耐 熱
ステンレス部品をニッケル、ハステロイ、モリブデンなどに変更することで、高温による酸化、脆化、強度低下、使用時間などに関する対応をご提案できます。
耐 蝕
対応した耐腐蝕素材に変更することで、ガス雰囲気、燃焼機関、酸性水溶液、電蝕などに関する対応をご提案できます。
耐 磁
パーマロイなど磁性合金による磁気に起因するノイズ対策部品、磁気シールドケーシング、センサープローブの製造
防 振
耐震性金属材料による高周波振動に起因する不都合に関する対応のご提案
※(例)切削時にバイトのビビリの防止による表面粗度の改善
防生体
キュープロなど耐生物付着防止合金による海洋部品に付着する貝、海藻などの生体付着に関する対応のご提案

高性能化について

現在進めている機器の基礎性能を向上させる取り組みは下記になります。

 

センサー性能(感度)の向上
自然界や電気機器から発生する電磁波や磁力が電気回路に近づくと、回路内に微細な電気が起電されます。この小さな電気がノイズとなりセンサー感度に影響します。適切に磁気シールドしノイズが減少すれば、センサー感度のゲインを上げることができ、さらに微細な信号を捉えることが可能となります。

 

計測(測定)精度の向上
温度変化による熱膨張が極めて小さい低膨張合金(インバー)を計測機器と組み合わせることで、計測精度や光学機器の焦点精度が向上します。近年ではミクロンの精度が要求されるため、低膨張合金+制振材料を組み合わせることで位置決め精度とモーターによる振動の相殺など注目されています。

 

モーターパワーの向上
現在は磁束密度に優れた電磁鋼板や磁性材料が開発されています。優れた特性の材料を使用することで小型でハイパワーなモーターを開発することができます。

電動化、電気エネルギーについて

電気・自動車メーカー、NEDOや産学官による共同開発事業などで電動化、電気エネルギー関連のお手伝いをさせていただいています。
MM-Labの強みが発揮できる分野となり、EV、AC-DC低ロス変換など、様々な開発が進んでいる中で、素材の供給、試作品の製造など、ぜひご相談ください。

MM-Labへのお問い合わせ

現在はMM-Lab.へのお問い合わせは幹事企業の株式会社日本クロス圧延で取りまとめています。
機能材の調達からそれを使用した部品製造までなんなりとお問い合わせください。

 

株式会社日本クロス圧延
千葉県茂原市茂原697
TEL:0475-22-4151
FAX:0475-25-2338
MAIL:mml@atuen.com
担当:岡 正俊

Facebook

更新履歴
トップへ戻る